セーフティリードの基本

走塁テクニックを上昇させるためには自身のセーフティーリードを学びましょう。セーフティーリードというのは、ピッチャーにけん制球を投げられても帰塁できる安全圏内でのみ行うリードのことです。人によって個人差がありますが、ここでは代表的な距離の目安を見付ける方法を教えます。

セーフティーリードの計り方として、まず一塁ベースからセカンド方向に手を伸ばして寝てみます。そして、手を伸ばした位置に印を付けて立ち上がります。

その印から2歩セカンド方向へ進んだところが、ご自身のセーフティーリードの目安となり、「1歩、2歩、頭からヘッドスライディングで一塁に帰る」と丁度この距離になります。また、目安だけで判断するだけでなく、相手投手のけん制の上手下手やグランドコンディションなども考慮して、その日のセーフティーリードの距離を決めます。

もしも逆をつかれてけん制球を投げられたとしてもアウトにならないように、足をクロスさせるようにしてすぐに戻れる体制でリードに入ります。

両足のサイドステップを使ってしますと、ステップのジャンプのタイミングの時に、けん制球を受けると素早くも戻ることができませんので注意しましょう。けん制がきわどいタイミングになった場合、このセーフティーリードがとれているか、いないかでセーフかアウトが分かれます。それは試合の流れに大きく影響するプレーも少なくはありませんよ。

管理人イチオシ!走塁革命 屋鋪要の実践走塁術

160530-5

盗塁王「屋鋪」が教える足の遅い子でもできる、走塁のコツでは、「お子さんを俊足に育てる為の、トレーニングメニュー」や、脚力をつけるためのトレーニングメニュー、ダッシュ力の強化法といった、走塁・盗塁のエッセンスを詰め込んだ唯一の教材になります!

 

 

沢村遼のメルマガを受講しませんか?!

contact

野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにピッチング・バッティング・走塁・守備上達方法を伝授します!沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講して、あなたの技術をさらに上達させませんか??
沢村遼の【完全無料】野球上達講座&メルマガ受講はこちらから

この記事が役に立ったらシェアをお願いいたします!