ランナーの走塁の心得

塁上にいる走者は、出塁したら常にボールから目を離さないこと大切です。ランナーのときにサインを見るときは塁に付けたまま、ベンチにふり返りましょう。サインの見落とし、大事な場面でのサインの見落としは、試合の勝敗に大きく影響することもありますので目を離すことはけしてないように。その場その場で状況をきちんと読み、自分であらかじめ選択肢を想定し、判断できるように実践形式の走塁練習を普段から意識しましょう。

現役時代の元木選手のように、たとえ足が遅くても相手投手に走るようなそぶりを見せてドンドン揺さぶりをかけることが大事です。

出塁したら、どの塁の場合もまずセーフティーリードを取りながら、常に次の塁を狙う姿勢を見せて、投手をけん制し打者への集中力を分散させることが大切です。1球1球ごとに「今から走るぞ!」をいう姿勢を見せるだけで、ピッチャーは精神的に疲労し、集中力が欠けます。

ピッチャーから目を離さずに、すかさず低い姿勢で右足からすり足で右、左、右、左とリードをします。

左足が右足より前に出て、クロスさせてしまうと、瞬間的な反応が出にくくなったりします。もしも両足がそろってしまうと、けん制球を投げられても反応が遅れてしまいます。走塁は時には試合の流れを大きく変えたり、勝敗を分けることにもなります。離塁する前に、各野手の守備位置を確認してからリードを取るくらいの余裕があればベストです。

管理人イチオシ!走塁革命 屋鋪要の実践走塁術

160530-5

盗塁王「屋鋪」が教える足の遅い子でもできる、走塁のコツでは、「お子さんを俊足に育てる為の、トレーニングメニュー」や、脚力をつけるためのトレーニングメニュー、ダッシュ力の強化法といった、走塁・盗塁のエッセンスを詰め込んだ唯一の教材になります!

 

 

沢村遼のメルマガを受講しませんか?!

contact

野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにピッチング・バッティング・走塁・守備上達方法を伝授します!沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講して、あなたの技術をさらに上達させませんか??
沢村遼の【完全無料】野球上達講座&メルマガ受講はこちらから

この記事が役に立ったらシェアをお願いいたします!