スライディングの基本

盗塁に限らずスライディングはベースランニングには欠かせません。スライディングには大まかに3つの効果があります。まず早く塁に付くためと、野手の送球の邪魔をするため(ゲッツー逃れなど)、盗塁の時などタッチをよけるためがあります。スタートをきったらスライディングの前に送球を受ける野手の動きを見て、タッチのコースを判断し避けるように滑り込みます。




■フットスライディング(ストレートスライディング)

フットスライディングとは無意識にやっている、一番オーソドックスなスライディングです。右利きの選手の場合、右足を伸ばして左足は右足のしたにくるように滑ります。滑らせる足を曲げて大腿部の側面ですべり、一方の足を一直線に伸ばして足をベースにつける。背中は地面につくか、両手を上げてベースの2~3m手前から思い切って滑り込みますが、急激にスピードを落とすので怪我しやすい危険があるので注意です。外野手だと守備の時にも使っている選手が結構います。

■フックスライディング

フックスライディングとはタッチをかいくぐるために使うスライディングです。クロスプレーのときにフックスライディングでタッチをよけて手でホームを触ってホームインするなどにも活用されます。右利きの選手の場合、右足はフットスライディングと同じようにし、左足はフットとは逆の方向に足を出します。スライディングをしようとした時に、フットスライディングの時に曲げるほうの足を、伸ばして開脚する、またを開くような形でベースに入っていくのです。そして右足(下になる足)の甲の部分で、ベースの角に引っ掛けるます。

■ヘッドスライディング

ヘッドスライディングは名前のとおり、手から行くスライディングです。投手のけん制で帰塁するときに多く使っているのが見られます。高校野球などで打者走者が一塁にヘッドスライディングをする選手がいますが、滑らずに駆け抜けた方が速くなります。スピードをつけたまま、両腕を前に伸ばして、腹で真っすぐにすべりましょう。横になると肩を脱臼することがあります。本塁へ突入する際は防具をつけた捕手のブロックなどで、ケガの危険性が高いのでできるだけヘッドスライディングはやめましょう。

■ストップスライディング

滑った後にすぐに立ち上がるスライディングで悪送球などで次の塁に進むのに最適。フックスライディングの要領で滑り込み、伸ばしたほうの足の下に一方の足を曲げえ滑る。

管理人イチオシ!走塁革命 屋鋪要の実践走塁術

160530-5

盗塁王「屋鋪」が教える足の遅い子でもできる、走塁のコツでは、「お子さんを俊足に育てる為の、トレーニングメニュー」や、脚力をつけるためのトレーニングメニュー、ダッシュ力の強化法といった、走塁・盗塁のエッセンスを詰め込んだ唯一の教材になります!

 

 

沢村遼のメルマガを受講しませんか?!

contact

野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにピッチング・バッティング・走塁・守備上達方法を伝授します!沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講して、あなたの技術をさらに上達させませんか??
沢村遼の【完全無料】野球上達講座&メルマガ受講はこちらから

この記事が役に立ったらシェアをお願いいたします!